> > DigiCert コード署名証明書

コード署名証明書

ユーザーが侵害されたソフトウェアをダウンロードするのを防ぎ、改ざんを防ぎ、信頼できる保証を提供する。

ユーザーの信頼を高める

コード署名証明書は、ソフトウェア開発者が、エンドユーザーが受信したコードが第三者によって改ざんされていないか、または侵害されていないことを確認する手段として、アプリケーション、ドライバ、およびソフトウェアプログラムにデジタル署名するために使用されます。 署名にはあなたの会社名、必要に応じてタイムスタンプが含まれます。

ドライバー、ソフトウェア、アプリケーション

コード署名の仕組み

コード署名
コードの整合性の確認

コード署名証明書のメリット

利用者とソフトウェアを保護

ソフトウェアの発行元のなりすましやコードの改ざんによるマルウェア感染、フィッシングなどは、利用者への被害にとどまるものではなく、ソフトウェアの発行元の信頼性を損ねることにもつながります。EV コード署名証明書はそれらのリスクからソフトウェアを保護し、また、厳格な審査によりソフトウェアの発行元の実在性が確認されていることを証明できます。

利用者からの信頼性向上

署名がないソフトウェアは、ダウンロードやインストール時に警告が表示され、利用者の不安が高まります。EV コード署名証明書によって署名されたソフトウェアであれば警告表示がなく、また、そのソフトウェアの配布元が確認でき、なりすましや改ざんのないソフトウェアであることを示すことができるため、ソフトウェアに対する利用者の信頼性が向上します。

証明書の不正使用や流出を防止

EV コード署名証明書は、安全性を確保するため USB トークンで提供されます。USB トークンに秘密鍵を格納しているため、不正使用や流出を防止でき、盗難に対するセキュリティが高まります。

SmartScreen フィルタの評価を確立

マイクロソフトの SmartScreen フィルタ機能において、ソフトウェアが未評価または低評価と判定された場合、警告が表示されますが、EV コード署名証明書により署名されたソフトウェアは、すぐに高評価と判定され、警告が表示されません。そのため利用者により安心してソフトウェアをご利用いただくことができます。

  DigiCert コード署名証明書
対応プラットフォーム Microsoft
Authenticode®
Microsoft Office &
Microsoft VBA
Microsoft Kernel-
Mode Code Signing
Adobe® AIR®
Java®
Mozilla® Objects
認証レベル 中(実在認証あり)
署名アルゴリズム SHA-256 RSA
署名回数 無制限
SmartScreen フィルタ機能 評価の確立まで「警告表示」あり ※1
秘密鍵の保存 PCのハードディスク内
秘密鍵のエクスポート
Windows 10 のドライバー署名ポリシー対応 不可 ※2
必要ライセンス 1ライセンスですべての対応プラットフォームに署名可能
プラットフォーム間で互換性がない場合は、対象のプラットフォーム用の証明書を無償で追加提供可能です。

※1:マイクロソフトの SmartScreen フィルタ機能において、ソフトウェアが未評価または低評価と判定された場合、警告が表示されます。
※2:Windows 10 でカーネルモードに使われるドライバーは EV コード署名証明書が必須です。

有効期限と価格

有効期限 1年
54,600
有効期限 2年
100,800
有効期限 3年
144,000
お申し込み
1年あたり50,400円
約7%お得
お申し込み
1年あたり48,000円
約12%お得
お申し込み

お申し込みはこちら

「何から始めればいいかわからない」などWebでお申し込みいただくにあたって、
お申し込みの流れをご案内します。

オンラインで購入のお申し込みができます

お電話やメールでもお問い合わせいただけます
サイバートラスト総合受付(受付時間 平日9:00 - 18:00)
0120-957-975